2014@Tokyo

2014@Tokyo

 

 

Biography:

Akio Mokuno is an electroacoustic music composer, audio engineer, singer-songwriter, noise bassist and multimedia performer. After exploring psychedelic/new wave bands in Nagoya, Akio moved to New York, in 1994, and joined the post-no wave/noise band Electoputas, as a bass and voice performer. Inspired by musique concrète (concrete music) and electronic music, in the late 1990s, Akio started improvising a sampler (Yamaha SU10 + Akai S2000) using an optical MIDI controller. He has performed with a number of renowned free jazz/experimental musicians and visual artists, including Damo Suzuki, Sabir Marteen, Tatsuya Yoshida (Ruins), Frank Marino, 99 Hooker (Rev.99), Ron Anderson, Chris Forsyth, Kenta Nagai,Hitomi Honda, Maria Chavez, Angie Eng, Noriko Nakano, Benton-C Bainbridge Kahimi Karie and Yuka C Honda.

Akio earned a BFA (Sonic Arts) from the City College of New York, an MFA (Performance and Interactive Media Arts) and a MM (Music Composition) from Brooklyn College, CUNY. He studied under Paul Kozel, John Jannone, David Grubbs, Douglas Geers, Vito Acconci, and Morton Subotnick. He was the commissioned artist for the 13th Biennial Arts and Technology Symposium at Connecticut College (2012). His composition, Mullaly Park 9/10, was selected for the New York City Electroacoustic Music Festival (2014) and received the Max Mathews Award for Excellence in Sonic Arts from the Conservatory of Music in Brooklyn College as well.

>Past performances/live shows

>>Download CV (PDF)

モクノアキオは作曲家(主に電子音響音楽)、ソングライター、ノイズベーシスト、そしてメディアパフォーマー。1987年から1993年まで名古屋を中心にROOTSというニューウェーブ系のバンドを経て、1994年に渡米。Electroputasというノイズやノーウェーブから影響を受けたバンドにベースやヴォイスとして参加。90年代後半は、ミュージック・コンクレートなどに触発され、ダウンタウンを中心に活動する演奏家や映像アーティストとサンプラーを駆使した演奏を始める。現在は、Maxを用いリアルタイムでのグラニュレーションや、多次元的な音響効果を利用した即興演奏などもする。主な共演者は、サビア・マティーン、ジェラード・マランガ、吉田達也、フランク・マリノ、ロン・アンダーソン、クリス・フォーサイス、ホンダヒトミ、ケンタ・ナガイ、ダモ鈴木、本田ゆか、カヒミ・カリィ、99Hooker、アンジー・イェン、ベントン・ベインブリッジなど。

2001年から大学に通い始め、2009年に音響のエンジニアリングで学士、2013年にメディアパフォーマンスで修士、2016年に作曲で修士を、全てニューヨーク市立大学機構(CUNY)にて取得。モートン・ソボトニックに2年師事した他ヴィト・アコンチやデビット・グラッブスなどのクラスなどにも参加した。現在は、ピアノやヴィオラなどの楽器と電子音響を融合したパフォーマンス性の高い現代音楽を目指している。2012年に、コネチカット大学で行われたアートとテクノロジーのシンポジウムで委任アーティストとして参加し、Ourselves Talkという演劇的メディア音響パフォーマンスをフィリップ・ガリーと行った。近所の公園を散歩しているときのフィールド・レコーディングを基盤に作曲したMullaly Park 9/10はニューヨークシティ・エレクトロアコースティックミュージック・フェスティバルで演奏され、ブルックリン大学音楽科からマックス・マシュー・アワードを受賞した。